thumb_collection06

  • 2023年2月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • アーカイブ

  • カテゴリー

結婚指輪♡婚約指輪


名古屋 栄 結婚指輪 婚約指輪

Jewelry Ito 栄アトリエのブログを いつも見て下さって、

本当にありがとうございます音譜

 

 

結婚指輪・婚約指輪といえば「プラチナ」!と思っている方は特に日本には多いですねニコニコ

じつは結婚指輪・婚約指輪は現在色々な種類の素材があるんです音譜

とくにプラチナでなければ認められないなんてことはぜ~んぜんないんですよにひひ

 

今日は結婚指輪・婚約指輪につかわれる素材のご紹介ですビックリマーク

新素材のリングなどもご紹介いたしますのでご覧くださいませラブラブ

 

 

パラジウム

パラジウムは高硬度で耐久性にたいへん優れています。

プラチナと同じ安定した白金族の貴金属であり、変質変色の心配は不要です。

比重がプラチナの約半分と軽いため、心地よく身に着けることができます。

パラジウムは希少価値が高く、ジュエリーの新素材として注目を集めています。

傷も付きづらく、プラチナなどでかぶれてしまった方も安心しておつけいただけます。

プラチナで作ったリングとパラジウムで作ったリングは価格面でもだいぶ差がございます。

プラチナ価格はパラジウムの約3倍です。

リーズナブルなうえに安心素材ですので、ダイヤモンドをグレードアップしたい方は婚約指輪にこの素材を選ばれるケースが多いです。

プラチナ

何故か日本人には特にメジャーな素材。

プラチナというのは、宝飾品、アクセサリーなどによく使われる銀に似た、それでいて銀よりも白っぽい素材の事をプラチナと言います。最近では美容成分としても注目されていて、化粧品にもプラチナが含まれていることもあるようです。

錆びないこともあるので、「いつまでも変わらぬ愛」と言うことを例えてプラチナをマリッジリング、エンゲージリングの素材として使う方が多いです。

 

ゴールド

海外ではゴールドがメジャーです。

ゴールドというと金色を想像する方はおおいかと思います。

黄色いゴールドはイエローゴールド、白色はホワイトゴールド、ピンク色はピンクゴールド等、

現在様々な混ぜものによって色を出したゴールドが多いです。

ホワイトゴールドは見た目はプラチナなのですが、イエローゴールドの上からニッケルとかクロムメッキなどで加工している場合が多く、剥がれてくるものも多いようです。

当店で取り扱うものに関してはメッキ加工はしないため色の禿げはございません。

また、金は柔らかいため変形もしやすいので14金などの高度を求めたリングが流行っております。

 

チタン

チタンは硬く、アレルギー反応が出にくい素材として有名ですね。

純チタンは、金属アレルギーの原因である金属イオンが溶け出さない金属なので、他の素材よりも、これから金属アレルギーになる可能性は非常に低いと思われます。

約数万人に1人位の割合でチタンアレルギーの方がいらっしゃるようですので100%とは言い切れないそうです。

硬さの面では、ダイヤモンドの硬さを10とした場合、チタンは8、プラチナは4です。十分な硬さと強度があるので、プラチナよりも曲がりにくいです。

 

ジルコニウム

新素材で知られている人気のジルコニウムリング。

ジルコニウムは光沢のある銀発色の金属でアレルギーフリーの素材とし肌に優しい性質も備えており強度と耐久性に優れている点から医療や科学プラント等の工業の分野でも用いられることが多くなってきています。

特殊製法により発色性酸化被膜(青色発色)を生成することが可能でチタンによく似性質を持っていますがチタンより重くプラチナより軽いので、ジルコニウム独自の発色と重量感両方を楽しむことができます。技術的にリング加工が難しいとされてきた素材で、あまりリングとして置いてあるお店は少ないようです。

 

140909__178

 

 

 

 

 

 

 

HR-230

 

 

 

 

 

 

 

DSC06166

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来店予約をされた方にもれなく、

Jewelry Itoオリジナルパールブレスをプレゼント音譜

http://www.jewelry-ito.jp

 

 


No comments yet

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください